| TOP | 会社概要 | プレストについて | 資料請求/お問い合わせ | プライバシーポリシー | サイトマップ |

TOP > 真空機器・装置 > 真空装置

全自動アーク溶解炉

全自動アーク溶解炉

  • 試料反転機構も自動化した全自動タイプ(指定した反転回数で溶解可能)(試料反転機構などは共同特許出願されています。)
  • 大量生産に最適(ф20試料を30個溶解)
  • タッチパネルにて溶解パターン、溶解数、溶解場所の設定が可能
  • アーク電源はパルス出力タイプを使用
  • ※試料を溶解室にセット後、連続して30個の全自動反復溶解ができます。

ご注文・お問い合わせについてはこちら

◆標準仕様
溶解室
  • 角型前面開閉扉式真空チャンバ(水冷ジャケット式)
      寸法 約W1200×D350×H350
      材質 内面SUS304 外面SS400 
  • 到達圧力 ×10-4Pa台(試料無挿入・脱ガス完了後・常温時)
  • 水冷電極自動移動機構
  • 試料自動反転機構
  • ф52覗窓
  • 内部照明
  • ガス導入弁
銅鋳型
  • ボタン型 ф40半球状ルツボ 30個
  • 鋳型自動移動機構
真空排気系
  • ターボ分子ポンプ 800L/sec
  • 油回転ポンプ 800L/min
  • 真空計 ピラニ真空計 + コールドカソード真空計(複合型真空計)
電気系
  • 交直両用パルスアーク電源
  • 定格出力電流 500A
  • 定格使用率 60%(定格使用387A)
安全対策
  • 断水リレー
  • 安全弁
  • 空圧低下リレー
ユーティリティ
  • 本体設置スペース:約W4000×D2500×H2200
  • Arガス:0.1〜0.15MPa
  • 圧縮空気:0.4〜0.7MPa
  • 冷却水:0.2〜0.3MPa 50L/min程度
  • 電源容量:3ф 200V 35kVA
◆用途
  • 金属材料の合金化溶解処理
  • 少量材料の大量生産
  • 自動化による省力化及び品質安定化
  • *外観・仕様については改善のため予告なく変更することがあります。

ご注文・お問い合わせについてはこちら